マレーシアでセカ就を実現

これからの未来はマレーシアで就職だ!

前回はマレーシアの「衛生環境」について紹介しました。
今回はマレーシアの「住宅事情」についてご紹介します。

マレーシアで就職をされる際にきになるのが住宅環境だと思います。マレーシアの現状について紹介したいと思います。
(物件の購入の仕方については別の機会に紹介します)
今マレーシアでは空前の建設ラッシュおきています。クアラルンプール市内の何処を見ても建設中の”コンドミニアム”の様子が目に入ってきます。マレーシアが経済的に急激に発展していることがよくわかります。また住宅の価格もどんどんと高騰してきています。来年からは消費税の引き上げがなされるためさらに高くなっていくことが予想されますね。
*マレーシアにはどんな種類の住宅があるか?
・コンドミニアム
・サービスメントアパート
・アパート
・リンクハウス
・戸建の家(バンガローハウス)
大きく分けてこのような種類の住宅があります。

それぞれを見ていきましょう。
・コンドミニアム
これは日本で言うところのマンションですね。10階程度者から40階を超える高層のコンドミニアムまで色々あります。最近建てられているほとんどが「高級コンドミニアム」と言って専属のセキュリティが駐在し、建物内にはジムやプールなどが完備されている物件が増えています。中にはコンビニやフードコートが建物内や敷地内に併設されいる物件もあります。最近は室内には家具家電付きでベッドやテーブル・ソファなど冷蔵庫といった製品が揃っている物件がほとんどです。日本からマレーシアに引っ越される方の多くもこのコンドミニアムに住まれるているようです。

・サービスメントアパート
これは中長期滞在者向けのホテルといった感じのところです。単身で来られている方が主に活用されているようです。ここでは毎週定期的にお部屋の掃除やタオルの交換なども行ってくれます。

・アパート
アパートのレベルにも色々あるわけですが、一般的にコンドミニアムよりも安くマレーシアの地元の人たちが暮らしています。コンドミニアムよりの安く住むことができますが、日本から来られて住まわれている方は少ないと思います。セキュリティもコンドミニアムほどしっかりしていませんし、環境・設備ともにレベルはやや低めです。

・リンクハウス
マレーシアのアパート以外の建物はほとんどがこのリンクハウスです。一軒家ではなく一軒一軒がくっついている構造になっています。大体が二階建てで各家には少しの庭と駐車場スペースが用意されています。価格もピンキリな訳ですが比較的手頃な値段で借りることができる物件もたくさんあります。

・戸建の家(バンガローハウス)
私の住んで居るクアラルンプールではあまり見かけることはありません。これはバンガローハウスのように左右に家が隣接していない戸建の住宅の事です。現地の富裕層が暮らしているといった印象ですね。

海外就職される際にきになるのが住宅事情ですよね。今回は簡単ではありますが住宅環境の紹介をさせていただきました。

前回はマレーシアの「気候」について紹介しました。
今回はマレーシアの「衛生環境」についてご紹介します。

海外に旅行されたことのある方ならお気づきのように、日本は「世界最高レベル」の衛生環境のある国です。だからこそ旅行先の国の衛生環境がとても気になるんですよね。私は初めて中国の上海に行った時に、テレビで見ていたものとの違いに驚いた記憶がありますね。まあ日本が綺麗すぎるので、正直日本より綺麗な環境を求めるのは厳しいと思います。
さてマレーシアの衛生環境はどのくらいのレベルなのでしょうか?少しご紹介したいと思います。

*近隣のアジア諸国に比べてゴミが少ない
私がマレーシアに来て最初に感じた印象はコレでした。もちろん日本とは比べようもないのでしょうが、タイなどのアジアの国に比べてとても整備されている印象です。ほとんどの場所で道路がきれいに整備されており、定期的に道路脇の草刈りやゴミ掃除が行われています。

*食べ物も”ほぼ”安全
私はクアラルンプールのほぼ中心に近いところに住んでいます。地元の一般的な中華系のフードコートやインド料理店、マレー料理店で食事をすることも多いです。しかし今までにお腹を壊したことは一度もありませんね。もちろんあまりにも衛生的に怪しい店には入らないようにしている事もあるのですが、一般的なの店であれば十分に衛生的に食事をすることができると感じています。
暑い国なので物は短時間で悪くなってしまいます。屋外のお店で食事をする際はなるべく客の多い回転率のよいお店に入りましょう。また、時に刺身を出すお店もあるようです。必ず鮮度を確かめて食べてください。(私は日本人のお店でない限り刺身は食べないようにしています。)
ただ地方都市での状況はクアラルンプールとは違うかもしれません。地方都市ではまだショッピングセンターもないような地域も存在しています。そのような場所の衛生環境については詳しくないのでちょっと保証はしかねます。。

*トイレが綺麗じゃない時が…
唯一私が衛生環境で問題だと感じている部分はトイレですね。もちろん都市部は完全に水洗式トイレが整備されていますが、日本ほど綺麗に使用されていないと感じます。日本であればある日にとってトイレは心休まる場所と化しているようですが、残念ながらマレーシアのトイレは会社のストレスから逃げられる憩いの場所としての活用は厳しそうです。(もちろん日本企業のトイレは違うとは思いますが…)

今回はマレーシアの「衛生環境」について紹介させていただきました。

今回はマレーシアの「気候」について紹介したいと思います。

マレーシアはまだまだ日本人の認知度が低い国だと思います。私も友人に「マレーシアに住んでいる」と話してもどの辺りにある国なのか知っている人は少ないようで、結局説明しなければいけないような感じです。もしかしたらマレーシアで就職を考えている皆さんにとってもまだまだ”遠い”国かもしれませんね。この一連の記事で少しでもマレーシアを身近に感じていただけると嬉しいです。

*まず初めにマレーシアの土地の説明を
東南アジアのほぼ中心に位置しているのがマレーシアです。マレーシアはアジアの大陸につながっているマレー半島の部分とボルネオ島という島の部分とでできています。国土は意外に広く33万338平方キロメートルと日本の国土の約90%ほどの広さがあります。その70%がジャングルです。特にボルネオ島の”東マレーシア”と言われる地域には古代からのジャングルが存在しています。リゾート施設が沢山ある地域です。首都のクアラルンプールのある西マレーシアは比較的新しいジャングルだったこともあり開発が容易に進めることができたようで、東マレーシアに比べると文化的発展が進んでいます。
おそらく日本から就職のために来られる方のほとんどは「西マレーシア」に来られることになると思います。

*マレーシアの気候
赤道に近いために一年を通して熱帯気候の国です。日本のように四季は存在しません。代わりにあるのが「雨季」と「乾季」の二季です。気温の変化は一年通してほぼ変化がありません。
[一年を通しての平均気温:最高気温34度前後、最低気温25度前後]
私の経験から言いますと、この暑さに慣れるまでには最低でも2ヶ月かかるかと思います。それまでは無理せずに過ごしてください。無理をすると熱中症で倒れてしまいますよ。
暑さの他に問題なのが湿度です。マレーシアは湿度がとても高い国です。一年を通して大体80%前後の湿度があります。慣れればなんてことはないのですが、それまでは結構大変かもしれません。
【補足情報】
乾季といっても雨が全く降らないわけではなく数日に一度は突然の大雨(スコール)が降ります。逆に「雨季」と言っても「梅雨」のようにシトシト雨が降り続くわけではありません。1、2時間程度ドッと降って後は晴れてしまいます。

ちょっと気候のことを聞いて心配になった方もおられるでしょうか?でも心配はいりません。日中はたしかに暑いですが、人間の体は凄いもので2、3ヶ月もすれば気候に慣れてしまうものです。マレーシアの朝晩は気温がかなり下がるので涼しく感んじるほどで、温度の数字以上に住みよく感じると思います。(私なんか朝晩が涼しい時は長袖長ズボンという格好をしている時もありますよ 笑。)

今回はマレーシアの気候について紹介しました。
次回はマレーシアの「衛生環境」について紹介します。

あけましておめでとうございます。

今回は前回の続き「海外求人の探し方」です。

前回の記事では
①直接現地に行って海外の日系人材派遣会社で探す。
②海外の知り合いの紹介で就職先を探す。
という方法についてご紹介しました。これらはどちらも個人的に探す方法でした。今回は個人ではない仕方で海外就職を目指す方法について紹介させていただきます。

③転職エージェントに登録して探す。
→海外に全く伝手がない方にはこの方法がオススメです。

先ずはマレーシアでお世話になった会社2社を紹介します。
マレーシア求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク
Maxcella Recruitment | Jobs in KL Malaysia

海外に全くコネが無いという場合「海外転職エージェント」を活用される方が多い様です。こちらの要望を聞いた上で適切な会社を紹介してくれます。こちらは時になんの動きもする必要はないので”楽に安心して”探すことができる方法です。
【デメリット】
要望は聞いた上で探してくれる訳なのですが、時に給料や条件の良くない案件も勧められることがあります。また残念なことに転職エージェントでの担当者のスキルによってかなり成果が違ってきてしまうのが現実のようです。もし担当者の対応に疑問を感じたら迷わずに担当者を替えてもらったり、転職エージェントを替えてみたほうが時間を無駄にしなくていいと思います。
もう一つの点は、良い会社に就職したい場合かなりの”高スキル”が求められる場合があるということです。なぜかと言いますと、理由は企業は転職エージェントに高額の転職成功報酬支払う仕組みになっているという事にあります。多くの場合成功報酬は年収の35%程度と結構の額になります。「その金額を払ってまで獲得したい人材か」と企業は考えるはずです。もし現地に「ほぼ同等の仕事スキル」で「もう少し安く雇える人」がいたら採用される見込みはかなり低くなることでしょう。

④日本で海外に支店を持っている会社に就職する
→時間がかかるかもしれませんが、一番安心できる方法かもしれません。
近年多くの日本企業がマレーシア進出を果たしています。私の住んでいるクアラルンプールでも多くの日本企業の看板を目にします。昨年の統計ではマレーシアに進出している日本企業現地法人の数は806法人でした。
少し詳しく見てみましょう。
806法人の内、製造業が436法人。その内訳は、
電気機器_134法人
科学_70法人
輸送機器_36企業 といった感じです。
非製造業法人が370法人。その大半が卸売業法人でした。
海外に支店を持つ企業はどんどん増えています。こうした企業に”日本で”就職し、業績をある程度積んでから海外に行くという方法です。この場合保証もありますし、現地で直接雇用されたよりも高額の給与が期待できるでしょう。また、もし海外が合わなかったとしても仕事を失うことはありませんから安心できます。
【デメリット】
日本で就職して”何年後に”実際に夢が叶うかが不明であるのが一番のリスクになると思います。また期間も場所も自分では選ぶことができません。全ては会社の命令次第です。海外で働きたいけれど、なるべくリスクは負いたくないという方にはこの方法がいいかもしれませんが、それ以外の方にはかなり厳しいと思います。(途中で我慢できなくなる可能性大です)

今回は海外求人の探し方についてご紹介しました。

最後に友人が東南アジアでの就職に関するサイトを始めましたので紹介しておきます。
東南アジアで働く.comではマレーシアだけでなく東南アジアの就職・転職情報が載っています。マレーシア以外で仕事を探されている方は覗いてみて下さい。