マレーシアでセカ就を実現

これからの未来はマレーシアで就職だ!

最近注目されるようになってきた「海外で働くこと」の”魅力”については既に紹介しました。
では具体的にどのように就職先を探したら良いのでしょうか?今回はその点をクローズアップしてみたいと思います。

海外求人を探す方法は幾つか挙げることができます。しかしそれぞれにリスクも存在しています。その点についてもわかりやすく紹介したいと思いますので是非参考にされてください。
【海外求人を探す方法】
①直接現地に行って探す。
②海外の知り合いの紹介で就職先を探す。
③転職エージェントに登録して探す。
④日本で海外に支店を持っている会社に就職する

ではそれぞれ見ていきましょう。
①直接現地に行って探す。
→これが最も手早く就職先を見つける方法です。
現地の(ネットの活用もありです)求人情報掲示板や現地の商工会議所等で探すことになります。またマレーシアもそうですが海外には「日本人会」というようなものが存在しています。その中で探すこともできます。現在のところマレーシアの現地企業で日本人を採用する会社はあまり多くはありません。現地で日系の企業を就職先として探すのが現実的だと思います。直接の交渉が求められますので、言語のスキルは必須ですね。マレーシアであれば英語は必須です(マレー語もできたらなおOKです。)
【デメリット】
採用時の給料は現地の社員と同じ待遇になってしまいます。成功を収めるには相当の根気と努力が求められることになります。それでもやりたいという方にはオススメです。
これは補足情報ですが、マレーシアで必要になる英語のスキルは英語を母語とする国ほど高くはありません。特別な仕事を求めない限りは”ある程度の”英語ができればとりあえずは大丈夫だと思います。
【現在のマレーシアの給与事情】
RM5000(日本円で16万円くらい)が相場ですね。交渉次第ではもっと金額をあげることもできると思います。
ちなみに現地の大学生の初任給は日本円で10万円以下程度です。

②海外の知り合いの紹介で就職先を探す。
→これも確実に海外就職できる方法のひとつです。
知人が居るならこの方法は魅力的かもしれません。給料交渉もできますし、会社の環境等についても情報を事前に集めることが出来るからです。
【デメリット】
会社の事情を知った上で就職するわけなので、この方法において特に目立ったデメリットは考えられないですね。あるとすれば「知人の紹介」という形をとるということで、知人の顔を立てるためにも簡単に辞められないということくらいでしょうか。

次回は後半の
・転職エージェントに登録して探す。
・日本で海外に支店を持っている会社に就職する
についてご説明します。

No Comments :(

Comments are closed.